糖尿病や高コレステロール血症を治療する薬

エゼトロル

エゼトロルは、コレステロールを体に吸収されにくくするお薬です。

 

エゼトロルは、小腸に作用して、コレステロールを吸収しにくくするお薬です。食事をすると、それに含まれているコレステロールが小腸から吸収されますが、この時、コレステロールが直接小腸の壁を通して血液の中に入るのではなく、いくつかの段階の化学変化を経て吸収されていきます。その化学変化に関わっているアミノ酸の1つを働かなくさせるのが、エゼトロルというお薬です。エゼトロルが効くと、そのアミノ酸が働かなくなり、コレステロールを吸収する仕組みが途中で止まってしまいます。そのために、小腸はコレステロールを吸収できなくなるというわけです。このような仕組みで効果を現すエゼトロルは、食事療法がうまくいかない生活習慣病の患者さんのコレステロール値を下げるのに有効だと言われています。

 

コレステロールの吸収を抑えるエゼトルは、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの治療に使われています。

 

このお薬には大きな副作用は認められていません。ただ、便秘や下痢など、消化器系の調子が悪くなることがあります。過敏症の人には、息切れや呼吸困難、蕁麻疹などといったアレルギー症状が出る場合があります。また、肝機や腎臓の機能に障害がある人は、それらがひどくなる可能性があるので注意が必要です。エゼトロルは比較的新しい薬なので、妊婦への影響はまだよく分かっておらず、安全であるとは言いきれていません。10才未満の子供への安全性もまだ確実とはされていません。