糖尿病や高コレステロール血症を治療する薬

アマリール

アマリールは、血糖を下げる強い作用のあるお薬です。

 

アマリールは、膵臓に働きかけて血糖値を下げるお薬です。膵臓では、物を食べた時に血糖値が上がり過ぎるのを抑えるインスリンというホルモンが作られています。アマリールは、この膵臓(その中でも、インスリンが生成されるランゲルハンス島のベータ細胞)を刺激して、インスリンを活発に作らせる作用があります。比較的作用が強いのがこの薬の特徴で、その作用の強さは動物実験などによっても認められています。専門的にはスルホニル尿素(SU)系に分類されるお薬で、一般的に多く使われています。

 

このようにインスリンの分泌を促すアマリールには、血糖値を下げる効果があり、主に2型糖尿病の治療に使われています。

 

血糖を下げる強い作用があるこのお薬で注意した方が良い副作用は、まず低血糖です。低血糖は、薬が効き過ぎて血糖が下がり過ぎた時に起こるもので、軽い症状としては、気分が悪くなったり、頭がふらふらしたり、冷や汗が出たり、動悸がするなどといったものが挙げられます。ひどくなると、意識混濁や痙攣、時には昏睡状態に陥るということもあります。特に、決められた量の食事を摂らないで薬を飲むと、低血糖になりやすいので注意が必要です。胃腸の調子が悪い時、下痢をしたり嘔吐したりしている時などに薬を服用すると、低血糖を起こしやすくなることも知られています。また、高齢者の方が低血糖を起こしやすいという傾向があります。低血糖以外の副作用としては、胃腸の調子が悪くなったり、光がとても眩しく感じられる光線過敏症になったり、肝臓の機能に障害が出ることがあります。