糖尿病や高コレステロール血症を治療する薬

ジャヌビア

ジャヌビアは、糖尿病の治療によく使われる、血糖を下げるお薬です。

 

ジャヌビアは、血糖に関係する酵素に働きかけるお薬です。私たちが食事をする時には、消化管から様々なホルモンが分泌されますが、その中に、インクレチンというものがあります。このインクレチンは、膵臓に働きかけて、インスリンの分泌を促したり、グルカゴンの分泌を抑えたりして、血糖値を一定にするのに役立っています。ところが、体内には、このインクレチンを分解する酵素もあり、それにインクレチンが分解されてしまうと、血糖値をうまく一定に保っておくことができません。ジャヌビアというお薬は、インクレチンを分解するこの酵素の働きを抑えるお薬です。そのため、ジャヌビアを使用すると、血液の中に糖が多くある時に血糖を下げるインスリンが多く分泌され、逆に、血糖を上げるグルカゴンの分泌が減り、全体として血糖値を正常にするのに役立ちます。

 

ジャヌビアには、このように、高血糖を抑えて血糖値を正常に保つ効果があります。そのため、血糖値を下げることが大事な糖尿病の治療薬として多く使われています。

 

ジャヌビアを使用する際に気をつけなければいけないのは、低血糖です。低血糖とは、血糖値が低くなりすぎて気分が悪くなり、体が震えたり、冷や汗をかいたりすることを言います。ひどくなると顔面蒼白になって意識朦朧となったり、時には痙攣を起こすこともあります。ただ、医師の指示通りに、決められた時にきちんと飲んでいれば、このようなことはまずありません。副作用としては、低血糖の他に便秘が報告されています。また、ごく稀にですが、呼吸困難を起こしたり、蕁麻疹が出たり、目や唇の周りが腫れ上がってしまうという、いわゆるアナフィラキシー反応や、肝臓や腎臓の機能障害などを起こすことがあります。

 

 

 

 

ジャヌビアのような内服薬は副作用に十分気を付けなければいけませんが、外用薬は比較的に副作用は穏やかだと言われています。
最近日本で承認された外用薬で、睫毛貧毛症治療薬グラッシュビスタというものがあります。
まつ毛を伸ばしてくれる医薬品です。元々は緑内障の点眼液でしたが、まつ毛が伸びる副作用を転用した形です。
副作用を逆手に取って、利益を伸ばすこの製薬会社はすごいと思います。